Pocket

保育園での服装

幼稚園、保育園に入った時、「スモックを着てその下は私服で」という指定の園は結構あると思います。

 

そんな時つい悩んでしまうのが「どんな服を着せて行けばいいのか?」というもの。

 

あまり華美なものでも浮いてしまいますし、かといって家でくつろいでいる時のような恰好で外に出すのもどうか?と基準が分かりにくいですよね。

 

そこで今回は、園生活にちょうどいい洋服選びのコツをご紹介します。

 

汚しても洗いやすい、買い替えやすいものが基本

 

まず価格帯は低価格なもので良いと思います。

 

なぜなら、家で過ごす場合よりも園にいると服を汚してしまう機会がずっと多いからです。

 

砂や泥がついたり、お絵かきなどでペンや絵の具が付く可能性、給食をこぼす可能性を考えていくと、あまり高価なものを着させるのはもったいないですよね。

 

そこでオススメなのが西松屋や赤ちゃん本舗に売っている洋服でベーシックなカットソーやトレーナー、ボトムスならレギパンやスカッツがお手頃でしょう。

 

通販ならGITAというブランドや、スキップランドの無地のプチプラシリーズなどは色違いで沢山用意出来てとても便利ですよ。

 

年少組は着脱のしやすさ

 

年少さんは、園で汚れる原因としてトイレトレーニング事情が関係してきます。

 

早生まれの子なら、まだオムツが取れていない場合があっても仕方ありません。

 

完全におむつが外れているわけではなく、たまにおもらしをするので布製のトレパンを履いている子も多いことでしょう。

こういう子には、着脱の難しいズボンを履かせるのはご法度です。

 

せっかくちゃんとトイレに来たのに、最後になかなかズボンが脱げなかったせいでおもらしになってしまうなんて、子供にはショックですしプライドも傷つき、とても可哀そうな事になります。

 

なのでズボン系は良く伸びるゴムのウエストのズボン、足首がきゅっと締まりすぎていない、ゆとりのあるデザインのパンツがおすすめです。

 

年中~年長は丈夫さ・動きやすさ

 

年中さんと年長さんになると、運動量はどんどん増えます。

 

自主的に校庭に出て走り回ることもあるでしょうし、たくさん動く分転ぶ回数も増えるでしょう。

 

そうやって運動神経が良くなっていくワケなので、それをサポートできるように動きやすい服装を意識してあげると良いですね。

 

たとえばズボンは生地が薄いとすぐに破けてしまうので、しっかりしたジーンズ素材やチノ素材がおすすめ。

 

でも足が自在に動かせることが大事なので、ストレッチ素材でもあることが必須でしょう。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

服選びは、おしゃれさより実用性と着心地を優先するのが園生活には一番大事です。

 

ぜひプチプラをたくさん用意して、カラフルにすることでおしゃれさをカバーしてあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク