あせもの見分け方とカンタンな対処法

 

子供がボリボリと皮膚をかきはじめたら、それはあせもかもしれません。

 

赤くて小さなポツポツした見た目をしているのが特徴で、かゆみを伴うので子供にとってはとっても不快なもの。

 

掻き壊してしまうと、とびひなどになって肌がジュクジュクした治りにくい状態になることもあるので要注意です。

 

今回はあせもの見分け方とすみやかな対処法についてご紹介します。

あせもの見分け方

 

肌がプツプツとしてかゆい。乾燥して荒れている場合にも同じような湿疹が出来るので、あせもか乾燥荒れかよく分からない・・・そんな時の判断の仕方を見てみましょう。

 

  • できる位置で判断

あせもの場合、ひじの内側やひざの内側など折り曲がる場所に多く発生します。

おむつをしている子供の場合はお尻にもできやすいです。

このような所に局部的に出来ている時は、乾燥による湿疹ではなくあせもと思いましょう。

 

  • 前日やその日に着ていた服で判断

通気性の悪いナイロン素材の服を着ていた場合に、中で蒸れて一気にあせもになる場合があります。

特に外で運動をしていた日はなりやすいです。

 

  • 就寝時の環境で判断

夏など蒸し暑い季節はもちろん汗をかきやすいのであせもになる可能性はぐんとアップします。

その他、冬などでも毛布を重ねすぎて中で大量の汗をかく場合もあり、そんな時にもあせもはできます。

風邪で寝込み、ずっと布団の中にいて汗をかいた場合もできやすくなります。

 

よく効いてお手頃な桃の葉ローション

 

お家で出来るケアとしては「桃の葉ローション」を使うのがおすすめ。

 

ドラッグストアなどで簡単に購入する事が出来ます。

 

手にした感触は、少しとろみの入った化粧水という感じ。

 

肌に伸ばすと、べたつくこともなくさらっと仕上がるのでこどもも嫌がりにくいです。

 

よく伸びるのであっという間に塗り終えられるのも便利。

 

じっとしていられない子供にもすみやかにケアできるのが魅力です。

 

大抵のあせもはこのローションで引きます。

 

ただしとびひになってしまった場合(大きなかさぶたをむりやり剥がした時のような見た目)は、家でのケアでは限界があるので、皮膚科や小児科に見せて専用の軟膏を処方してもらいましょう。

 

湿気を取るならベビーパウダー

 

もうひとつオススメなのはベビーパウダーです。

 

赤ちゃんの頃におむつかぶれ用に購入された方も多いのではないでしょうか?

 

子供になっても、あせも対策として再び使うことができるなんてお得ですよね。

 

こちらは桃の葉ローションを付けて炎症をおさえた後、さらに汗を吸収して更なる湿気を生むのを防ぐために重ねて使います。

 

たっぷりと患部が真っ白に見えるまで使いましょう。

 

パフでたたく行為は子供も楽しいので、喜んでつけてくれるというのもメリット。

 

ゲーム感覚で、子供につけるのを任せるのもいいですね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

桃の葉ローションもベビーパウダーも入浴後につけるのがおすすめです。

 

ぜひお試しになってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

ビタミン子供にビタミンを採らせる方法(飲み物編)

マリンピア日本海マリンピア日本海を「お得に」楽しむ方法[写真多め]

関連記事

  1. 子供差し入れ

    幼稚園のバザーや露店販売の仕事、当日の流れをご紹…

    子供が幼稚園に行くようになると、イベント毎に保護者が園の…

  2. ミッキー

    ミッキーを初めて見た子供が号泣!?そうさせないた…

    「ディズニーランドは夢の国だから、子供を連れて行ったら喜…

  3. 子供のしつけ

    子供のしつけは年齢によって変えるべき?

    「子供がわがままにならないように」「悪い事をする子になら…

  4. 小学校入学

    新一年生にしてあげるべき防犯対策

    幼稚園までは、お母さんの送り迎えだったり送迎バスだったり…

  5. ディズニーホテル

    ディズニー系列のホテルではないが、オススメの近隣…

    皆さん、ディズニーに行く場合にはどんなホテルをご利用でし…

  6. こどもごはん

    冷蔵庫にほとんど食品が無い時でも作れるこどもごは…

    買い出しから数日経ち、生鮮食品のストックが切れてきた時。…

  7. 結婚式

    親族の結婚式での子供の服装

    新郎新婦が主役ということを忘れずに結婚式にお呼ば…

  8. 幼稚園入園

    幼稚園入園直後の大泣きへの対処法

    今まで家でお母さんと一緒に居るのが当たり前だった子たちが…

PAGE TOP