【解説】タイムラプス動画の作り方

Adobe Photoshop を使って、タイムラプス動画を作る方法を解説します。

タイムラプス動画を作る方法としては、カメラで撮影して、動画までカメラに作ってもらう方法と、カメラで撮影して、パソコンソフトで、動画にする方法があります。

私は、REWで撮影して、現像をしてから、動画にします。

被写体にもよりますが、ひと手間かけるのと、かけないのでは、仕上がりに差が出ます。

ですので、私は、SONY α6500(カメラ)で、REW撮影→Adobe Lightroomで現像とJPGで書き出し→Adobe Photoshopで、動画にしています。

この動画では、Adobe Photoshopで、連続した写真を動画にする工程を解説しているので、参考にしてみて下さい。

タイムラプス動画の作り方(まとめ)

Adobe Photoshop を使って、タイムラプス動画を作るうえで、大事なポイントとして、画像(写真)の名前を、順番通りに、連番にしておくことが重要です。

タイムラプス

ファイルを「開く」で、連番の名前を付けた画像トップの一枚をクリックし、選択して、「画像シーケンス」にチェックを入れて、開きます。

タイムラプス

フレームレートは、1秒間に何枚の画像を使うかなので、画像枚数や、動画の動き(スピード)、動画の滑らかさを考慮して、決定します。

今回、花の開花なので、30fpsで、40秒の動画にしてしまうと、あまりにも開花がゆっくりになります。

ですので、今回は120fpsにしました。

フレームレートは、通常、30fps、60fps、120fpsあたりが、良いと思います。

あまりに値が小さいと、1秒間の画像の枚数が少なすぎて、動画がカクつきます。

何回か、タイムラプス動画を作ってみると、コツが、わかってくると思います。

タイムラプス

あとは、書き出して終わりです。

タイムラプス

もとの素材となる、写真があれば、手順としてはこれだけなので、簡単にタイムラプス動画を作ることができます。

カメラで、撮影から、動画にするまで、できるには出来ますが、REWで撮って、現像のひと手間加えることによって、タイムラプス動画のクオリティーがぐんと上がります。

参考にしてみて下さい。

星雲【解説】フォトショップで宇宙の星雲を作る方法

【解説】昔のゲームのようなドット文字の作り方

関連記事

  1. CG 宇宙空間

    【解説】宇宙空間を飛行しているかのようなCGを簡…

    宇宙空間を飛行しているかのようなCGを「After Effects CC」を…

  2. 【解説】昔のゲームのようなドット文字の作り方

    昔のゲームに出てくるような、ドット文字をAdobe Photoshopで「簡…

  3. go pro

    【レビュー】Go Pro HERO8 をスキー場…

    Go Pro HERO8 をスキー場で使い倒してきました。この記事で…

  4. 星空

    【解説】CGで輝く星空を作る方法

    After Effects CCを使って、輝く星空を作る方法を解説します。…

  5. タイピング文字

    【解説】動画編集で、タイピング風に文字を出す方法…

    動画編集の時に、ただ、文字を出すのではなく「タイピング」してるかのように、文…

  6. スポット修正

    【解説】写真のゴミ(シミ)を消す方法

    Adobe Lightroom classicで、簡単に写真のゴミ(シミ)を…

  7. 動画編集色

    【解説】動画編集初心者向け「色」で動画の印象を変…

    動画編集初心者向けに、「色」がどれくらい、動画の印象に影響を与えているのかと…

  8. google earth studio

    【解説】Google Earth Studioで…

    Google Earth Studioの使い方Google Earth …

Instagram


Popular articles

  1. インスタ映え
  2. インスタ映え
  3. インスタ映え
  4. 河鹿橋
  5. 永代橋
PAGE TOP