インスタ映えする「花火」の撮り方(撮影~REW現像まで)

インスタ映えする花火の撮り方~Adobe_Lightroom_Classic_CCでのREW現像まで、解説します。

現在、スマホのカメラ性能も上がってきていて、キレイなインスタ映えする写真がスマホでも撮れます。

下の写真が、スマホ(i phone)で撮った花火の写真です。

インスタ映え

スマホカメラ

どうでしょう?パソコンで見ると、粗さが目立ちますが、スマホで見るとキレイに見えるのではないでしょうか?

ちょっと前のi phoneで撮っているので、今のi phoneのカメラで撮ると、もっとキレイに花火が撮れるはずです。

ただ、花火をキレイに撮ろうと思ったら、カメラの設定、そして何より、Adobe_Lightroom_Classic_CC でのREW現像が欠かせません。

ですので、花火の写真をキレイに撮ろうと思ったら、カメラ(一眼レフやミラーレス)で、REW撮影がベストです。

ただ、花火撮影の場合、風景写真を撮っている感じで、手持ちで、花火が開いた瞬間に「パシャ」っと、撮ってもキレイな写真にはなりません。

花火を撮るには、カメラ側の設定や、ちょっとしたコツが必要です。

また、スターマインなど、連発して打ちあがる花火は、花火が何発も重なることで、露出オーバーになる「白とび」や、風が無いことで、煙が花火に被ることが良くおこります。

これらの写真も、REWで撮っていれば、救ってあげられる写真も多いです。

花火をカメラで撮る時の設定~REW現像まで、参考にしてみて下さい。

花火撮影の準備

花火撮影に必要な道具を紹介します。

必ず必要なのが、三脚とレリーズ(リモコン)です。

カメラの設定の所で詳しく説明しますが、花火を撮るときは、長時間露光になります。

しかも、手振れ補正OFF、長秒時NRもoffにして撮りますので、絶対にブレをおこさないことが重要になってきます。

この2つは、必ず必要です。

三脚

レリーズ

レリーズ(リモコン)に関しては、私は、SONYのカメラを使っているのですが、スマホアプリがあって、スマホをレリーズ(リモコン)にすることが出来ます。

ただ、その組み合わせで、花火写真を何回か撮りましたが、使い勝手はレリーズの方が上です。

キレイな写真は撮れるのですが、カメラSONY、スマホもSONYの組み合わせで使っても、途中でペアリングが切れたり、BULB撮影の時スマホ画面のスライドボタンが使いにくかったです。

レリーズ

レリーズは、あった方が良いと思います。

あと、あった方が良いのが、予備バッテリーです。

バッテリーにもよると思いますが、私は、2年近く使っているせいか、花火大会2時間弱の撮影でも、バッテリーが持ちません。

予備バッテリーがあれば、最後の方にある、フィナーレのスターマインを撮り損ねることはありません。

カメラの設定

カメラのメーカーによって、機能の呼び方に違いがあるかも知れませんが、私は、SONYのα6500を使っているので、SONYの機能の呼び方で説明します。

長秒時NRをoffにします。

これが、ONになっていると、シャッターが開いていた時間と同じだけ、次のシャッターが切れません。

花火は通常、15秒位の長時間露光で撮ります。打ち上がり~消えるまで。

長秒時NRがONだと、シャッターを切った後、15秒間長秒時NRが作業します。

これでは、次々に打ちあがる花火を撮るタイミングを、逃してしまいます。

ですので、長秒時NRは、offです。

手振れ補正もoffにします。

三脚に固定して使っているので、いらないです。

三脚に固定して使うときに、手振れ補正がONになっていると、誤作動することがあるそうです。

私は、経験したことがありませんが、三脚に固定なので、手振れ補正はoffにしておきます。

フォーカス

フォーカスはマニュアルフォーカス(MF)です。

フォーカスを合わせる時は、打ちあがった花火で、合わせます。

ですので、最初の1発目は、フォーカスを合わせることに専念します。

打ち上げ場所が1カ所であれば、問題ないのですが、複数個所での打ち上げの場合、花火との距離にもよりますが、打ち上げ場所が変わるたびに、フォーカスをチェックしてみることをおすすめします。

フォーカスがずれるようだと、修正が必要です。

マニュアル(M)設定

iso感度は、私はいつもiso100で撮っています。

f値は、11~16の間位が多いです。

シャッタースピードは、BULBです。

私の使っているSONYのα6500の場合、サイレント撮影がONになっていると、シャッタースピードのBULBが選べません。

お持ちのカメラで、BULBが選べない場合、カメラの他の設定を、確認してみることをおすすめします。

画質

画質はREWです。

特に花火は露出オーバーや露出アンダーになりやすいです。

何度花火を撮っても、ドンピシャで撮れることは少ないです。

そんな時も、JPGではなく、REWであれば、現像の時に写真を救ってあげられます。

そもそもREWとは、「生」と言う意味です。

生のデータです。

JPGに比べて、データ量が「多い」です。

ですので、JPGに比べてREWは、データ容量も大きくなります。

しかも、SNS等にアップする前に、現像と言う手順を、踏まなくてはいけないので、REWは、面倒に感じると思います。

しかし、REWは、データ量が多いおかげで、現像の時に、ホワイトバランスを決められたり、白とび、黒つぶれをある程度救ってあげられたりできます。

これが、花火撮影の重要なポイントで、昔からある「和火」は、ホワイトバランス「昼光」、カラフルな花火の「洋火」は、ホワイトバランス「タングステン-白熱灯」と相性が良いです。

スターマインなど、同じ場所に何発も上がる花火の場合、すぐに、白とびしますし、煙が花火に被ってしまいます。

これらの救済方法を、次のREW現像のところで説明します。

REW現像

REW現像ソフトは、カメラメーカーのものなど、いろいろありますが、私は、Adobe_Lightroom_Classic_CC を使っています。

とても使いやすいので、おすすめです。

まずは、REW現像で、どの程度写真を救えるのか、ご覧ください。

インスタ映え

この、白とびして、爆発しているかのような写真を、「ハイライト」を抑え、「黒レベル」を下げ、「かすみの除去」をしてあげると、こうなります。

インスタ映え

花火で、REW現像をする時に一番最初にいじるのが、「ハイライト」です。

ここで、露出を調整します。

次に黒レベルで、「煙」を何とかします。

「かすみの除去」で、写真をパキッと仕上げます。

ホワイトバランスを、「昼光」では、

インスタ映え

ホワイトバランスを、「タングステン-白熱灯」では、

インスタ映え

これだけ、印象に差が出ます。

ただ、現像の工程は、個人の「好み」があるので、自分が良いなと思ったことが「正解」です。

写真の構図

実は、一番大事です。

花火のスケールを表したい場合、はみ出すような構図になると思います。

インスタ映え

花火大会の全体を伝えたい場合には、俯瞰したような構図になると思います。

インスタ映え

花火大会の賑わいを伝えたいのなら、花火+屋台など、花火の写真と言っても、被写体は花火だけではありません。

花火+浴衣の人や、夜景+花火、都市景観+花火、お城+花火など、いろいろあります。

ぜひ、花火大会と言っても、被写体を花火と決めつけず、いろいろと、撮ってみて下さい。

花火大会の楽しみが、増えると思います。

花火大会は、大会によって、カメラマン席があったり、観客席は、三脚が座った時の高さまでだったり、ルールが大会によって違います。

必ず事前にルールを確認してから行くことをおすすめします。

レンズ焦点距離での、花火の撮れ方は、こちらの記事を参考にしてみて下さい。

撮影機材

 

カメラ SONY α6500

レンズ SELP18105G

三脚

レリーズ

現像ソフト

花火の動画撮影は、試行錯誤中です。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

インスタ映えインスタ映えする五泉の一本杉「チューリップ畑」

インスタ映えインスタ映えする新潟市秋葉区の「あきはなび」

関連記事

  1. [カメラの設定]シャッタースピードにる流れる水の…

    今回は、シャッタースピードによる、流れる水の撮れ方の違い…

  2. タイムラプス

    [解説]タイムラプス動画の作り方

    ※この画像はGIFです。「印象的」な動画、タイムラプスについて具体的な作…

  3. 写真の分割

    インスタグラムで1枚の写真を分割投稿して大きな写…

    インスタグラムのギャラリーで、1枚の写真を分割投稿して、大きな写真にみせる方…

  4. インスタグラム

    [解説]インスタグラムの写真の投稿方法と#(ハッ…

    インスタグラムを楽しむうえで、基本となる写真の投稿方法と…

  5. 永代橋

    インスタ映えする東京の「永代橋」からの屋形船の光…

    東京の「永代橋」から、屋形船の光跡を撮る時の、カメラの設…

  6. jpegorraw

    写真の記録形式は「JPEG」と「RAW」どちらで…

    私は断然「RAW」での記録が良いと思います。特に…

  7. Colorful

    白黒写真の一部をカラーにするアプリ「Colorf…

    白黒写真の一部をカラーにインスタグラムをはじめて早や…

  8. 新潟の夜景

    [夜景の設定]シャッタースピードによる撮れ方の違…

    夜景を撮るときの「シャッタースピード」による写り方の違い…

PAGE TOP