Pocket

ホワイトバランス

夜景撮影にとって、ホワイトバランスの設定は、写真のイメージを大きく左右します。

 

簡単に説明すると、ホワイトバランスとは写真の「いろみ」を調整します。

 

厳密には、名称(ホワイトバランス)の通り、「白」を自然な「白」に見えるように、調整するのですが・・・

 

太陽光のもとで撮った写真、蛍光灯のもとで撮った写真、電球のもとで撮った写真で「いろみ」が違うので、そこをホワイトバランスで調整してあげるですが・・・

 

それはさておき、特に夜景にとっては、このホワイトバランスの調整で、できあがる写真のイメージが全然違ってきます。

 

どのように、違ってくるか、実際設定を変えた写真で説明したいと思います。

 

ホワイトバランスの変更

 

sony α6500 を使っているので、その機種で説明します。

 

※ダイヤルをオート(AUTO)にしていると、進めません。

 

スマホで、暗いところで撮っていますので、ブレブレなのはご容赦ください。

 

ホワイトバランスの設定

 

ホワイトバランスを設定しようと思うと、大体どのメーカーのカメラも、太陽光、曇り、日陰、電球、蛍光灯等設定はありますが、今回は、「ホワイトバランス微調整」を使って説明しようと思います。

 

α6500では、Fnボタン→AWB(ホワイトバランス)→右(ISO)と進むとホワイトバランス微調整に進めます。

 

夜景のホワイトバランス

 

設定を「ど真ん中」で撮った夜景です。

 

ホワイトバランス

 

設定を目いっぱい青方向に持っていくと・・・

 

ホワイトバランス

 

ブレブレなのは、ご容赦ください・・・

 

工場夜景の、メタリックな感じを出すには、良いです。

 

そして、逆に目いっぱい赤方向にもっていくと・・・

 

ホワイトバランス

 

暖色系のイルミネーションなんかを撮る時には、良いです。

 

もちろん好みは人それぞれなので意見は分かれると思いますが、ホワイトバランスを変ると、これだけ差があらわれます。

 

また、この撮影時は、雨上がりだったので、工場のメタリック感が、良く出ています。

 

工場夜景を撮る時には、雨上がりを狙うこともお勧めです。

 

まとめ

 

夜景は特にホワイトバランスで、まったく違った見え方になります。

 

夜景を撮る時には、ぜひホワイトバランスの設定をいろいろ変えて、自分のしっくりくる写真を見つけてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク