買い物に行く時間の無い時の工夫

 

小さな子が居ると、買い物に行くだけでもかなり大変だったりしますよね。

 

スーパーを駆けまわったり、商品を触ろうとしたりと気苦労が絶えません。

 

買い物に行く回数はできる限り減らしていきたいと思うのがママの本音だと思います。

 

そこで、今回は買い物に極力出かけずに食料をゲットする方法をご説明します。

 

イオンネットスーパーを使う

 

すでにメジャーな方法なので、小さなお子様の居るママはほぼ使ったことがあるでしょう。

 

ですので、もう一歩踏み込んで便利な使いかたのコツをご紹介します。

 

ここではイオンネットスーパーの使い方をお伝えします。

 

1.値下げする火曜日を狙う

 

まず、買うなら火曜市を狙います。

火曜市だと普段よりも格段に食品の値段が落ちますので、そこで1か月に1回などしか買わないお米などを買います。

10キロのお米が2,900円前後まで値下げされることもあるんですよ。

注文する場合は前日の月曜日の夜に注文することになりますのでご注意を。

 

2.重いものを集中的に買う

 

買い物の大変な所は、買ったものを詰めて重い袋を車まで運ぶ作業ですよね。

こんな時ネックになる、重量やかさのあるものは率先してネットスーパーでまとめ買いします。

たとえば牛乳、醤油などの調味料ボトル、サラダ油、おむつ、トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど。

どれも運ぶのが嫌なものばかりです。

こういうものこそ、他人に運んでもらうのが賢い利用術です。

 

3.イオンの商品券をタダでゲットする

 

イオンネットスーパーでは不定期でスタンプカードを配布し、ポイントキャンペーンを行っています。

買った金額に応じてスタンプを押して行ってもらい、用紙のスタンプ欄がいっぱいになったら500円のイオンの商品券と引き換えてくれるのです。

割とすぐに貯まるので、家族の衣服を買う資金などにも回せてお得ですよ。

 

イオンショップ

 

定期的に商品を送ってくれるお店を使う

 

生協のように、週一回注文して、翌週にその商品が届く・・・というサイクルを繰り返すようなタイプの買い物の仕方もありますね。

 

このようなシステムでおすすめなのが「オイシックス」です。

 

これは有機野菜などをメインに扱っているネットスーパーで、会員登録して1週間に1回か2週間に1回のスパンで食品を届けてもらうようになっています。

 

長所は、子供に食べさせたくなる安全で栄養バッチリの食品だけを取り扱っていること。

 

そして、味が本当においしいのがすばらしい所です。

 

たとえば、ごぼうとひじきの豆腐だんごは、体に良く美味しくて子供に大人気です。

 

他にもホウレン草入りギョウザ、人参入りギョウザなど野菜を意識した冷凍食品が多数揃っています。

 

もちろん生野菜も新鮮で味が濃いですし、お魚も各地方の新鮮なものが届きます。

 

ツボ鯛のみりん漬けやさわらの西京焼きなど漬け魚の冷凍も非常においしく、調理も楽で重宝します。

 

Oisix(おいしっくす)

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

子育てと並行して家事をこなすのはキツイものです。

 

色々な小技を使って、毎日をより便利に過ごせるよう工夫してみましょう。

出産後の体型戻しママになったらこんな服装が便利!

にいがたのイルミネーション新潟のおすすめイルミネーション3選+1[写真多め]

関連記事

  1. 子供の歯

    子供の歯を虫歯にしないコツ

    個人差もありますが、赤ちゃんは早い子なら生後4か月くらい…

  2. レゴランド

    インスタ映えするカラフルな「レゴランド」子供に好…

    レゴランドは、何と言っても「カラフル」です。レゴブロックでいろんなモ…

  3. 給食

    給食はいつ始まる?お当番やお残しについてもお教え…

    1年生は最初は数時間学校に居ただけでも緊張でぐったりと疲…

  4. 育児ノイローゼ

    これって、育児ノイローゼ?危険なサイン

    妊娠中、つわりは大変だったけど、体は重かったけど幸せな気…

  5. ゴミ

    新潟市で大掃除の時にまとまった「ゴミ」を出す方法…

    大掃除の時などに、まとまったゴミが出た時、どうすれば良い…

  6. 勉強

    小学生になって初めてのテストはこんな感じ!

    幼稚園や保育園までは、勉強なんてほとんど教わらないという…

  7. 勉強

    新一年生が初めて受ける授業のレベルはこのくらい!…

    新一年生になって、初めて授業を受ける子供達。&n…

  8. 小学校入学

    [最新]ランドセルの選び方「2017」

    年長さんの間にする大きな買い物といえば、ランドセルではな…

PAGE TOP