100円均一で買えて楽しめるおもちゃ(3歳まで)

 

幼稚園に入る前の1~2歳の頃は、ぐっと運動量も増えて「毎日の公園遊びが大変!」というママも多いのではないでしょうか?

 

でも毎日公園に出るのはとても大変なこと。

 

たまには家の中や玄関付近で遊ばせることで、ママの体力を回復させる日も作りたいのが本音ですよね。

 

そんな時に役立ってしかも安い、100円均一で買えるおたのしみグッズを紹介します。

※アイキャッチ画像は100円均一ではなく、楽天のバナーです。

 

しゃぼん玉

 

日差しの強い日など、外に出るだけで体力が奪われるような日には、お家の中から外へ向かってしゃぼん玉飛ばしをしてみてはいかがでしょう?

 

窓から外へでも、ベランダから外へでも、玄関先でもOKです。

 

とにかく日差しをよける屋根がついているだけでぐっとラクになるでしょう。

 

また熱中症が心配な暑い季節には、家を拠点にして遊んだほうがすぐ水分補給ができる所もおすすめポイントのひとつ。

 

色々な種類のシャボン玉液が置いてありますが、日本製とかかれたものが持ちが良く、大きい玉を作る事ができます。

 

風船

 

ダイソーでは色々な大きさの風船が置いてありますが、9インチ位が適度な大きさに膨らんで、小さな子の手にも丁度いいのでおすすめ。

 

赤、青、黄色、緑、ピンク、オレンジの6色入りで25個も入っているので長持ちします。

 

その日の気分によって色を選ばせてあげましょう。

 

絵心のあるママなら、マッキーなどの黒マジック(太い方)で、赤い風船にアンパンマンの顔を書いたり、青にばいきんまんの顔を書いたりしてみましょう。

 

キャラクターと色を連動させながら、「キャラ風船」を作ってプレゼントしてあげるととても喜びます。

 

こうすると、ただ風船を高く上げるだけではなく、人形劇のようなごっこあそびもできるようになってより長く遊べます。

 

ボール

 

定番ですが、ボールもわざわざおもちゃ屋さんで買わずとも、100円ショップのもので充分遊べます。ただ、人とかぶりやすいので持って外出するなら記名しておくのがオススメ。

 

家で遊ぶなら、こどもに階段の上からボールを落としてもらい、下でママがキャッチする→次は位置を交代・・・というような遊びも楽しいと思います。

 

また、板などで傾斜をつけた所を転がす遊びも、子供はハマってずっと飽きずにやってくれます。

 

最後に、ボールひとつで出来るバスケットごっこもおすすめ。

 

ママが立って、胸の前に両手でわっかを作ります。

 

そして、子供に「ボールを投げて、このわっかの中に入ったら○点ね!」と言ってシュートさせてあげましょう。成功したら大げさに褒めてあげます。

 

難易度が高すぎた場合はわっかの位置を少し下にしてあげましょう。

 

慣れてきたら、わっかが上下左右に動いたりするようにふざけると、子供は大喜びでもっともっと入れようとしますよ。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

「100円でこれだけ遊べるなんて!」とありがたくなってしまう位、最近の100円均一商品は質がいいので、ぜひ使ってみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

こどもの喜ぶスマホアプリこどもが喜ぶ無料スマホアプリ(時間つぶし・あそび編)

子供のチョーク100円均一で買えて楽しめるおもちゃ(幼稚園児)

関連記事

  1. 育児ノイローゼ

    これって、育児ノイローゼ?危険なサイン

    妊娠中、つわりは大変だったけど、体は重かったけど幸せな気…

  2. ヒカキン

    小学生が「はまる」動画「ヒカキンGames」

    HikakinGamesHikakinとはHIKAKIN(ヒカキ…

  3. 小学校入学

    [最新]ランドセルの選び方「2017」

    年長さんの間にする大きな買い物といえば、ランドセルではな…

  4. 小学校の準備

    小学校のPTA活動ってどんな感じ?

    幼稚園にも父母の会のような執行部は存在したと思いますが、…

  5. 幼稚園のバザー

    幼稚園のバザーに出すと喜ばれる手作り品

    幼稚園にわが子が入って初めてのバザー。手作り品の…

  6. ディズニー

    ディズニーシーの三大高級レストランを徹底比較!

    みなさん、実はディズニーリゾートのレストランの価格帯は、…

  7. ディズニーのポップコーン

    ディズニーでポップコーンの容器と、中身のポップコ…

    皆さん、ディズニーリゾートに行くとポップコーンは買うタイ…

  8. 新一年生

    1年生にカタカナを楽しく覚えてもらう方法

    1年生はまず1学期のあいだにひらがなの書き取りをしてひた…

PAGE TOP