100円均一で買えて楽しめるおもちゃ(幼稚園児)

 

みんなが大好きな100円均一ショップ。

 

実は子供を喜ばせるためのおもちゃも数多く存在します。

 

ミニカーや水鉄砲など見るからにおもちゃ!…な商品も、もちろん陳列されていますが、どうせだったら子供の能力を思いっきり伸ばせるような、脳にいい遊びを教えてあげたいですよね。

 

今回は、100円で楽しめてしかもこどもの五感を刺激してくれる遊び道具をご紹介します。

 

※アイキャッチ画像は、100均ではなく楽天のバナーです。

 

ゲームのルールを理解させる遊び

 

  • トランプ

幼稚園児にはババ抜きか神経衰弱がおすすめ。

記憶力が鍛えられます。

神経衰弱の場合、54枚すべてを使うと難しくなりすぎるので10ペアほど選んで絵合わせゲームのようにして楽しむと遊びやすいです。

 

 

  • すごろく

順にサイコロをふることで順番のルールの概念を覚えてくれます。

また、サイコロの数を読んでからその通りにコマを進めることで、数字の概念にも強くなります。

毎回1番にゴールさせるのではなく、勝たせたり負けさせたりすることで感情のコントロールも覚えます。

最初は負けるとふてくされると思いますが、ゲームではみんなが楽しくなる事が大事なんだよと教え、次にまたがんばろう!という気持ちにさせることを繰り返すと、負けることを恐れなくなります。

 

 

運動能力をアップさせる遊び

 

  • 縄跳び

セリアにはディズニー柄のカラフルなキッズ縄跳びが置いてあり、とてもきれいで100円とは思えません。幼稚園でも縄跳びを練習している場合が多いので、お家での復習にどうぞ。

縄が軽くて回しにくい場合は真ん中に玉結びを作っておもりにすると扱いやすくなります。

 

 

  • チョークで「ケンケンパ」

玄関先の道路などに○をいくつか書き、ケンケンパが出来るようにしてあげましょう。

単純な遊びですが、○をめざして正確にジャンプすることでリズム感が養われます。

また、ケンケンが苦手な子の練習にも持ってこいです。

 

 

水彩画を書くための道具

 

  • 絵の具

100均の絵の具はアクリル絵の具が主流。

ですが、キャンドゥにはちゃんと10色入りの水彩絵の具が置いてあります。

これは珍しいのでぜひゲットして下さい。

1色ずつ使ってもきれいな絵になりますが、「青と黄色を混ぜると、緑!」など色の足し算に挑戦すると、科学実験のような別の楽しさも味わえます。

また、色の足し算の答えを覚える事も、絵の勉強になります。

 

 

  • 水さし、パレット、スケッチブック

他の道具も、すべて100均で揃います。

たとえば上記のものはすべてセリアにあるのでまとめて購入しましょう。

良く書けたものは、フレームに入れてお部屋に飾ってあげるととても喜ぶので、次の創作意欲にもつながります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

100均アイテムでも、ここまで子供に刺激を与えられるような遊びができるんですね。

 

お子さんの得意を伸ばすのもよし、苦手をフォローするのもよし、色々買って試してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

こどもシャボン玉100円均一で買えて楽しめるおもちゃ(3歳まで)

新潟県のスキー場情報新潟県のスキー場情報[SNS]や、おすすめ[ちびっこゲレンデ]

関連記事

  1. α6500

    [解決方法]ファインダー越しが「ぼやける」場合の…

    ファインダー越しがぼやける、ピントが合わない…

  2. 給食

    給食はいつ始まる?お当番やお残しについてもお教え…

    1年生は最初は数時間学校に居ただけでも緊張でぐったりと疲…

  3. ディズニー

    ディズニーシーの三大高級レストランを徹底比較!

    みなさん、実はディズニーリゾートのレストランの価格帯は、…

  4. 新一年生

    新一年生が初めて受ける授業のレベルはこのくらい!…

    初めて小学校に入るお子様をお持ちのママは、小学校の授業が…

  5. 小学校の準備

    小学校の個別面談はこんな感じ

    学校の先生と親が子供について話し合う機会。これはもしかし…

  6. ディズニーリゾート

    ディズニーディズニーリゾート内でアトラクションが…

    皆さん、ディズニーランドといえば「夢と魔法の国」というキ…

  7. 子供デザート

    子供と一緒に作れて楽しめる簡単ごはん&スイーツ

    自分のお子さんがある程度大きくなった時、「簡単な料理くら…

  8. 幼稚園選び

    自分の子供に合った幼稚園の見分け方

    ずっとママと一緒に過ごしていた子供達も、幼稚園入園を機に…

PAGE TOP