ディズニーランドで子供がキャラクターと触れ合うコツ

 

ディズニーランドはファミリーで楽しむのにうってつけのテーマパークですね。

 

特にミッキーやミニーなどの人気キャラクターにハグしてもらったり、頭をなでてもらったりするとその子にとっては素敵な思い出として強く残りますから、親としては感無量です。

 

そこで今回は、キャラにわが子がかまってもらえるためのコツをご紹介したいと思います。

 

出没するスポットはあらかじめ覚えておこう

 

ミッキーやミニーは、会って写真を撮るためのアトラクションが設けてあります。

 

これを利用すれば確実に子供達は相手をしてもらえますし、写真も残ります。

 

ただ、人気があるので1時間前後は並ばなくてはいけません。

 

今回紹介するのは、各テーマパークにキャラクターがゲリラ的に出没して、一定時間ゲストと触れ合って帰っていくパターンのもので、基本待ち時間は存在しません。

 

今回はその中でも一番初心者向きのスポットをご紹介します。

 

一番キャラクターを見つけやすく、有名キャラが良く出てくるのがトゥーンタウンの「ヒューイデューイルーイのグッドタイムカフェ」というレストランの左手にある時計台下の扉です。

 

登場するのはミニー、ドナルド、デイジー、プルート、グーフィー、チップ&デールなどで、どのキャラが何時に出てくるのかはランダムです。

 

オススメは、近くのカフェがオープンテラスなので、お食事しながら待っていると遭遇しやすく、キャラクター待ちの時間を食事に当てられるのでムダがありません。

 

なるべくキャラの視界に入るように、正面で待とう

 

さて、時計台の鐘が鳴ってキャラクターが扉からでてきたらまずすることは、キャラクターの視界に入る事。

 

キャラクターが他のゲストと写真を撮っている時に、なるべくカメラを持っている人の真横にいるようにしましょう。

 

こうすると自然にキャラの視界に入ります。

 

小さい子なら、抱っこして目線に入りやすくしましょう。

 

キャラクター達は小さい子供を優先するように心がけて動いていますので、一旦気づけば優先的にこちらに絡みに来てくれます。

 

スキンシップのきっかけになりやすいアイテムを持たせよう

 

さらに、キャラクターが喜ぶ秘密兵器をご紹介します。

 

・サイン帳

サイン帳(パークで売っています)とペンを持って、「サインちょうだい!」と近づいていかせましょう。キャラは喜んで時間を作ってくれます。その様子を、親は写真で残してあげましょう。

 

・そのキャラクターのぬいぐるみやバッヂ

キャラクターに見つけてもらいやすくなるには、他の人よりちょっとだけ目出つのが良いです。

たとえばキャラクターコスチュームを着ている子は目出つのですぐ相手をしてもらえます。

その他、キャラのぬいぐるみを持っていたり、バッヂを付けていたり、バースデーシール(キャストに言うともらえます)を服に貼っている子も目立つことが出来ます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

わが子にキャラクターとの楽しい時間を過ごさせてあげたいとお考えの方は、ぜひ試してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

タイムラプス[解説]タイムラプス動画の作り方

ディズニーレストランディズニーランド内のミッキーに会えるレストランを詳しく紹介!

関連記事

  1. ディズニー

    なんと!ディズニーブランドのランドセルがあるって…

    年長のお子さんがいて、その子がもしディズニーランドが大好…

  2. アプリ

    幼稚園のママ友はいつまでに作るべき?

    ママ友の存在。最初に言うと、…

  3. 子供のチョーク

    100円均一で買えて楽しめるおもちゃ(幼稚園児)…

    みんなが大好きな100円均一ショップ。&nbsp…

  4. ディズニーのポップコーン

    ディズニーでポップコーンの容器と、中身のポップコ…

    皆さん、ディズニーリゾートに行くとポップコーンは買うタイ…

  5. ディズニー

    ディズニーで、夏の水濡れイベントに最適な服装は?…

    夏のディズニーの風物詩といえば水濡れイベントです。…

  6. 新一年生

    何歳から「あいうえお」を教えるべき?

    子供が幼稚園に入った位になると、早い子だと園生活に慣れて…

  7. ディズニーのワゴンフード

    失敗しないワゴンフード(ディズニーランド編)

    皆さんはディズニーランドのワゴンフードはお好きですか?…

  8. フォトキーカード

    「フォトキーカード」システムのおすすめな利用法(…

    今回はとうとう「フォトキーカード」活用法(応用編)になり…

PAGE TOP