隠れた名品、ディズニーリゾートで買って本当に役立つもの

 

皆さんはディズニーリゾートで何のおみやげを買う事が多いですか?

 

圧倒的人気なのはおそらくお菓子類ですよね。ディズニーのお菓子は美味しいですし、食感も良くてどこか上等な感じもあるので、おみやげにはぴったりですよね。でも残念ながら消えものですので、家に帰ってきた後に楽しめる期間はとっても短かったりします。

 

では本当の意味で、何年経ってもその価値が下がらず、ずっとずっと家で大活躍してくれるような最高のおみやげを探すとしたら何なのでしょうか?

 

今回はその隠れた名品についてご紹介したいと思います。

 

タオル類の吸水性と耐久度は本物

 

東京ディズニーランドとシー内に売っている、大判のバスタオルは本当におすすめです。
(イクスピアリなどのディズニーストアに売っているものだと少し品質が下がりますので注意)

 

触り心地も優秀、吸水力もあって大きいので、体や髪の毛を拭くにも余裕がある感じで使いやすいのです。

 

また、ドラム式洗濯乾燥機などで一気に仕上げてしまっても大丈夫な耐久性もポイント。

 

そして、子供用にするのにちょうどいい可愛いデザイン。

 

お風呂上りに自分で見つけて取ってくれるようになるなど、自立のためのしつけにも効果的です。

 

オススメの買い方は、夜のパレード待ちの時に買いに行って、レジャーシートの上に敷いて待つというもの。こうすると座っている時の負担が軽くなるので、お尻が冷たかったり、硬い地面のせいで痛くなってきたりというのも防げます。

 

そして持ち帰ってきたらバスタオルとして大活躍してくれるので一石二鳥です。




一生モノの宝になる、横顔シルエットの「切り絵」

 

ランドのワールドバザール内に、ゲストの横顔のシルエットを切り絵にしてくれるブースがあります。
「シルエットスタジオ」という所です。

 

ここでは、ゲストが切り絵アーティストさん(だいたい外国人の方)の前の椅子に座って横を向きます。そうすると、黒い紙をアーティストさんがさらさらと切っていき、ものの5分程で横顔シルエットを完成させてしまいます。

 

これを専用の額縁に入れたものを購入可能なのですが、その出来映えのすばらしい事!!

 

モデルになったゲスト本人と分かるように似せて切ってくれて、オリジナリティがありつつも、家に飾りたくなるほどのオシャレ感もある。

 

そしてなにより、その当時の子供の成長具合を言葉どおり「切り取って」商品にしてくれるので、思い出づくりの面でも最高の宝物になるんです。

 

数年ごとに子供たちを連れて行ってシルエットを残しておくのが、本当におすすめ。

 

子供たちの成長が分かるし、当時の思い出も蘇ります。

 

だれもが納得の「買ってよかった」系のおみやげであること間違いなしです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ついつい可愛いお菓子やステーショナリーなどに目が行きがちですが、家に帰った後長く使えるもの、楽しめるものというのは少なかったりします。

 

ちゃんと意味のあるものに投資したいタイプの方、ぜひこの2つをお試しくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

ディズニーキャラクターグッズに抵抗のある人がおしゃれに持ち帰れるおみやげ

ディズニーのパレードパレード待ちの暇な時間にすべきこと3選

関連記事

  1. 小学校入学

    小学校に入る準備(子供のしつけ編)

    「うちの子もとうとう小学生。ちゃんとやっていけるんだろう…

  2. 欠席

    幼稚園を欠席させる目安と流れ

    幼稚園は義務教育ではないので、小学校を休むよりは、幼稚園…

  3. ディズニー

    キャラクターグッズに抵抗のある人がおしゃれに持ち…

    ディズニーリゾート内でミッキー達を見るのはとても好きなん…

  4. 幼稚園選び

    幼稚園の選び方

    3年~4年もずっと一緒に居たわが子が突然離れた所に預けら…

  5. youtube-cat

    【you tube】猫(Pino Jr)の兄弟喧…

    Pinoの子供たちがいた時の、兄弟喧嘩の様子です。子猫の頃は、1日中…

  6. ディズニー

    なんと!ディズニーブランドのランドセルがあるって…

    年長のお子さんがいて、その子がもしディズニーランドが大好…

  7. 幼児教育

    幼児教育として家で出来ること

    幼児教育というと、とても固い印象や教育ママというようなネ…

  8. 子供の曜日

    3~4歳(年少)の子に曜日の概念を教える方法

    幼稚園に入ると、いきなり人間社会特有の「1週間」というサ…

PAGE TOP