Pocket

子供服

子供服、みなさんどのようにして選んでいますか?

 

最近はおしゃれで安いブランドもどんどん増えているので、見た目重視で揃えて、大人顔負けのコーディネートを楽しんでいるママも多いのではないでしょうか?

 

でも、デザインだけをみていては、子供の安全を脅かす結果になる場合もあるんです。

 

今回は、危険があったりする、子供服のデザインについてご説明します。

 

パーカーは危ない

 

フードのついたものは、国産の子供服メーカーでも当たり前に売っています。

 

しかし実はこのタイプは窒息の危険性がある形の洋服なんです。

 

たとえば公園で遊んでいて、ジャングルジムから飛び降りようとしたらフード、またはそのひもがジャングルジムにひっかかっていて、一気に首が締まってしまったなど恐ろしい事例は何件もあります。

 

最悪の場合、死にもつながりかねないので、公園で遊ばせるときなどは気をつけたほうがいいでしょう。

 

日常でも、親の目の届かないところへ遊びに行かせる場合は、パーカーではなくトレーナーなどフードや紐のない物を着せるなど意識しておくと安全です。

 

マフラーも注意しよう

 

マフラーを巻いている場合はフードと同じで首を絞めつける危険性があります。

 

長いマフラーを背中や腰まで垂らしている場合は、エレベーターなどで挟み込み、移動に合わせてマフラーが強い力でひっぱられ、首を絞められる恰好になることもあります。

 

子供の場合はネックウォーマーの方が着脱も簡単で安全なのでそちらをおすすめします。

 

フィット感を調節する引き紐のあるズボンも危ない

 

ズボンの裾にトグルという引き紐がついているデザインのズボンをみたことがありませんか?

 

これを引っ張ると裾がギャザーのようにキュッと締まるので、半端丈のパンツのようになっておしゃれですよね。

 

でもこれも実は危ないデザインのひとつ。

 

自転車に乗っている時などに、この紐が長めに出てしまっていると車輪に巻き込まれることがあります。

 

車輪に何かが挟まった時、自転車は思いもよらないような動きで急停車したり、急回転したりするので、乗っている人が大怪我することも少なくありません。

 

なので、デザイン性よりも着心地や安全性を考えてシンプルな洋服を着せるのが正解だったりするんです。

 

買いたての服についた薬品にも注意

 

染料だったり、速乾性、保温性を出すための特殊素材だったり、裏起毛だったり、そのような服への工夫が子供の肌への刺激になってかぶれるパターンもあります。

 

買いたての服はしっかりと洗濯すると安心です。

 

かぶれた部分がひどい時には皮膚科にてステロイドを処方してもらい塗ってあげましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

まとめると、フードと紐のある服はNG。

 

締め付けが無く、ナチュラルな綿素材でスタンダードな形のものが、安全の面から考えると理想的なんですね。

 

色合わせなどでおしゃれを楽むようにし、過度な付属品のついた服は避けるのが賢明なようです。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク