Pocket

新潟の夜景

夜景を撮るときの「シャッタースピード」による写り方の違いを紹介しようと思います。

 

夜景を撮ろうと思ったら、ISO感度とシャッタースピードの2つの数値が、写真のできに大きく関わってきます。

 

今回は、「シャッタースピード」について書きますので、ISO感度に関しては詳しく書きませんが、簡単に言うと、ISO感度を高くすると写真に「ノイズ」(ザラツキ)が多くなり、ISO感度を低くすると、「ノイズ」(ザラツキ)の少ない写真が撮れます。

 

では、ISO感度を低くして毎回撮れば・・・ただそうすると、写真は暗くなります。

 

ISO感度を低くすると、写真は暗くなります。

 

逆にISO感度を高くすると、写真は明るく撮れます。

 

シャッタースピードは、速くすると暗く、遅くすると明るくなります。

 

キレイな夜景を撮ろうと思ったら、ISO感度は低く、シャッタースピードは遅くが正解です。

 

ただ、シャッタースピードを遅くすると、写真が「ブレブレ」になってしまいますので、三脚は必須です。

 

ですので、夜景を撮るにはこのISO感度とシャッタースピードの設定、「三脚」が重要になってきます。

 

シャッタースピードによる撮れ方の違い

新潟の夜景

新潟の夜景

新潟の夜景

この3枚の写真は、ISO100で、シャッタースピードを、1/3秒、1秒、30秒と変えています。

 

シャッタースピードを変えると、写真全体の明るさが違うことが、わかると思います。

 

あと、マルで囲んだ所、光跡のでかたの違いがわかると思います。

 

30秒ほど開けておくと、車の通った跡の光跡がキレイに出ています。

 

また、街灯の光も「キラン」となっています。

 

もちろん、写真は好みがあるので、明るければ良いというものではありません。

 

設定を変えてみながら、何枚も写真を撮って、自分の好みの設定をみつけてみてください。

 

ちなみに、スマホでもなんとかキレイな1枚を撮れないか、ISO感度を1600のめいっぱいまであげて撮った写真です。

 

スマホの夜景

スマホ夜景

スマホ夜景

スマホは、SONY XPERIA SO-02E です。

 

カメラのマニュアル設定でISO 1600まであげて撮っています。

 

ザラザラのノイズだらけです・・・

 

シャッタースピードは変えられる「アプリ」があるようなので、今度使ってみたら、レビューします。

 

ただ、スマホ用の三脚が必要になるかも・・・

まとめ

 

夜景の設定は、手持ちであれば、シャッタースピードを遅くすることは中々難しいので、ISO感度を高めて撮ることになると思います。

 

三脚があるのであれば、ISO感度を下げて、シャッタースピードを調整して、好みの明るさに調整するのが一番のように思います。

 

AUTOで撮ろうとすると、手持ち前提で作られているのか、ISO感度が高めで設定されます。

 

ぜひ、夜景を撮るのなら、三脚を持って、ISO感度、シャッタースピードを変更して撮ってみて下さい。

 

きっと、納得のいく1枚が撮れると思います。

 

インスタグラム(instagram)もやっています。

 

良かったらフォローして下さい(*^^)v

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク