ディズニーで、夏の水濡れイベントに最適な服装は?

 

夏のディズニーの風物詩といえば水濡れイベントです。

 

ランドでもシーでも、暑い日中の時間に一番目立つ場所で、大きなホースで水をかけあうちょっと過激なショーが開催されています。

 

家族連れで行く場合、水濡れ後の着替えなど注意すべきポイントがあるので服装についてご紹介します。

 

子供はランニングと水遊び用パンツ

 

水濡れエリア、つまりショーが見やすい、キャラクターから近い場所はとにかくびしょびしょに濡れます。濡れた後はぜったいお着替えになりますので、ショーがはじまる前にはなるべく後で荷物にならないようなコンパクトな服を着せておきましょう。

 

オススメはランニング。生地の量が少なく、終わったら脱がせてぎゅっと絞り、ビニール袋に入れるだけで処理が簡単だからです。
下は水着がいいかもしれません。お天気がいいのですぐ乾きます。乾いた後でパンツをはかせればいいのです。

 

足元はサンダルが一番よく乾き便利ですが、長い事歩くと靴連れをおこしやすいので、履きなれたもので行ってくださいね。
イベントの時だけ履き替えるなら100均のサンダルなども役立ちますよ。

 

小さい子は水遊び用のオムツを履かせるのがおすすめ。
あとはボディーを着させ、水がもろに当たらないように帽子などをかぶせます。




お母さんは、白い服は絶対にNG!

 

水濡れイベントに出るなら、エレガントなおしゃれをして出かけようという意思は捨ててしまった方が無難です。
特に白いワンピースなどは最悪です。下着が全部透けてしまい、替えをもっていかなかったらその後パークを回る時とんでもない事になってしまいます。

 

お母さんにおすすめなのは、やっぱり濃い色のTシャツ。カラフルな柄ものでも構いません。これらなら透ける心配がないので、イベント前まではTシャツのカジュアルファッションで行って、イベント後に着替える時にお気に入りの洋服を持っていくと良いでしょう。

 

面倒ですが、下着も全部濡れてしまうため、その後も快適に回るなら下着の替えも持っていきます。
また着替えをなるべく減らしたいなら、最初の服でユニクロなどのカップ付きのトッップスなどを購入して着ていくと荷物が減らせます。

 

パパもジーパンやチノパンNG!

 

便利なので履いていきがちなジーパン、チノパンは止めましょう。生地が厚手なので、イベント後もずっと乾かず、気持ち悪い思いをします。ナイロン製のハーフパンツなどがおすすめ。

 

また下着も替えは持っていきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

参加したことが無いと、意外と盲点な服装についてでした。

 

ぜひこれを参考にして、楽しく夏の風物詩を楽しんできてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

ディズニーのパレードパレード待ちの暇な時間にすべきこと3選

ディズニーディズニー夏の水濡れイベントってどのくらい濡れるの?

関連記事

  1. 運動会のお弁当

    小学校の運動会のためのお弁当作りを簡単にするテクニック

    もともとお料理が得意なママなら、運動会のお弁当作りは腕が鳴ると思いますが・・・大抵のママにとってお弁…

  2. 男の子のファッション

    おしゃれなキッズ服の通販ブランドは?(男の子編)

    女の子の洋服に対して、男の子の洋服は形や柄のバリエーションも少なく、どのブランドで買っても同じような…

  3. DIY

    [DIY?]壁紙が破れてしまった時のDIY

    「DIY?」なぜ?なのか・・・これをDIYと言うかは…

  4. ディズニー

    ディズニーシーの三大高級レストランを徹底比較!

    みなさん、実はディズニーリゾートのレストランの価格帯は、シーとランドで微妙に違う…

  5. ディズニーベビーカー

    [おすすめ]ディズニーで借りられるベビーカーを使い倒そう

    子供が小さいと、ディズニーではベビーカーを借りることが多くなりますよね。…

  6. 苗場スキー場

    苗場スキー場のキッズスノーパーク&スノーランド[写真多…

    苗場スキー場の苗場スキー場で子供が「雪遊び」で楽しめる場所は、「わくわくファ…

  7. ディズニーシー

    東京ディズニーシー内を子連れで上手く回るコツ

    東京ディズニーリゾートは子供も大好きなレジャースポット。…

  8. 子供の歯

    子供の歯を虫歯にしないコツ

    個人差もありますが、赤ちゃんは早い子なら生後4か月くらいからうっすらと歯が見えて…

PAGE TOP