【解説】動画編集初心者向け「色」で動画の印象を変える方法

動画編集初心者向けに、「色」がどれくらい、動画の印象に影響を与えているのかと、Adobe premiere proを使って、動画の「色み」を変える方法を解説しています。

写真をやっていて、RAW現像などしている人にとっては、色み(ホワイトバランス)が写真に与える影響の大きさは、知っていると思いますが、知らない人にとっては、全体の「色み」など、あまり関心がないところだと思います。

ただ、「色み」を変えることによって、動画の「イメージ」をかなり変えることができます。

カラーコレクション、カラーグレーディングと呼ばれますが、映画などでもシーンの「イメージ」を強調するのに使われたりもしています。

今回は、動画編集初心者向けなので、「料理」であれば、寒色よりも暖色の方が美味しそうに見えるな・・・Premiere proのLumetriカラーの、ここの「バー」を動かすと、ここが変わるんだ・・・程度を理解してもらえたらと思い、動画を作りました。

参考にしてみて下さい。

動画編集と言っても、You tubeにアップする動画なのか、結婚式ムービーなのか、子供の成長記録なのか、企業PVのような仕事なのかで、編集内容も変わってきます。

特に「色」に関しては、正解はありません。

黒つぶれや、白飛びがあっても、演出のいっかんであれば問題ないわけですし・・・

正解がないだけに、「色」に関しての編集は奥が深いです。

動画編集ソフトは、今回紹介したAdobe premiere proの他に、DaVinci Resolveもカラーコレクション、カラーグレーディングをやる人には人気です。

DaVinci Resolveは、色をいじるのに使いやすいデザインになっています。

ただ、動画編集初心者には、Premiere proをおススメします。

理由は、プロが作ったプリセット、エフェクト、テンプレート、LUTなど、有料~無料のモノまでかなり、出回ってます。

特に初心者のうちは、そういったモノを使うと、動画のクオリティーを上げることができます。

また、ググった時にでてくるハウツーも、圧倒的にPremiere proを使ったモノが多いです。

今回は、動画編集初心者向けに「色」で、簡単に動画の印象を変える方法を紹介しました。

参考にしてみて下さい。

   

工場夜景のRAW現像【解説】工場夜景のRAW現像(新潟の旭カーボン)

go pro【レビュー】Go Pro HERO8 をスキー場で使い倒してきました「作例・比較・レビュー動画」

関連記事

  1. 【解説】昔のゲームのようなドット文字の作り方

    昔のゲームに出てくるような、ドット文字をAdobe Photoshopで「簡…

  2. go pro

    【レビュー】Go Pro HERO8 をスキー場…

    Go Pro HERO8 をスキー場で使い倒してきました。この記事で…

  3. 星雲

    【解説】フォトショップで宇宙の星雲を作る方法

    AdobeのPhotoshopを使って、簡単に星雲を作る方法です。写…

  4. CG 宇宙空間

    【解説】宇宙空間を飛行しているかのようなCGを簡…

    宇宙空間を飛行しているかのようなCGを「After Effects CC」を…

  5. タイムラプス

    [解説]タイムラプス動画の作り方

    ※この画像はGIFです。「印象的」な動画、タイムラプスについて具体的な作…

  6. 星空

    【解説】CGで輝く星空を作る方法

    After Effects CCを使って、輝く星空を作る方法を解説します。…

  7. タイピング文字

    【解説】動画編集で、タイピング風に文字を出す方法…

    動画編集の時に、ただ、文字を出すのではなく「タイピング」してるかのように、文…

  8. google earth studio

    【解説】Google Earth Studioで…

    Google Earth Studioの使い方Google Earth …

Instagram


Popular articles

  1. インスタ映え
  2. インスタ映え
  3. インスタ映え
  4. 河鹿橋
  5. 永代橋
PAGE TOP