これで怖くない!飲食店の待ち時間「子供を夢中にさせる」スマホゲーム3選

スマホゲームは飲食店の待ち時間にぴったり

 

外食に行った時、特に忙しい時間帯であれば人がたくさん並んでいたり、注文してから料理が出てくるまでに長い時間待たされてしまうことがあります。

 

そのような時に大人同士であれば世間話をしながらのんびりと待つことも出来るのですが、一緒に行く相手が子供である場合はそうもいきません。

 

多くの子供は長い時間じっとして待つことが苦手なので、ウロウロしてしまったり騒ぎだしたりしてしまいます。

 

そのような飲食店の待ち時間を大人しく過ごさせるためには、ただじっとしているように注意するだけでは逆効果になってしまうこともあります。

 

そこで特におすすめなのがスマホゲームです。

 

スマホは小さくて軽いので簡単に持ち運びが出来ますし、色々なスマホゲームを入れておけるので飽きることもありません。

 

飲食店の待ち時間に出来るスマホゲーム3選

まず一つ目はツムツムです。

LINE
引用元:LINE公式ホームページ

 

可愛らしいキャラクターが出てくるので、見ているだけでも楽しいです。

 

様々なミッションがあるので、どのツムを使ってどのように消せば良いのかを考えながらプレイする必要があります。

 

そのためあまりにも年齢が幼い場合には難しすぎるかもしれません。

 

Android

ios

二つ目はなめこ栽培キットです。

なめこ
引用元:なめこぱらだいす

 

これは育成ゲームなのですが、なめこを育てるというちょっと変わっていて面白いものです。

 

ゲームを進めていくとこれまで見たことのない新しいなめこがどんどん増えていきます。操作やゲーム性が簡単なので小さい子供でも夢中になれると思います。

 

Android

ios

そして三つ目はヘイデイです。

ヘイデイ
引用元:ヘイ・デイ Facebookページ

 

自分だけの農場を作っていくゲームなのですが、簡単な操作で遊ぶことができ、レベルが上がっていくと飼育できる動物や作成できる食料の種類がどんどん増えていくので楽しいです。

 

Android

ios

子供に合ったスマホゲームを選ぶことが大切

 

子供の年齢にもよりますが、長くなるかもしれない飲食店の待ち時間を静かに待ってもらうためには飽きさせないようなスマホゲームを選ぶ必要があります。

 

操作が難しすぎたりなかなかクリア出来なかったりすると嫌になってしまいますし、逆に簡単すぎても面白くなくなって飽きてしまいます。

 

そしてパズルゲームが好きな子やシューティングゲームが好きな子、育成ゲームが好きな子など子供によって好きな分野は様々なので、子供が興味のある分野のゲームを選んであげることも大切です。

 

また、スマホゲームはとても面白いものなので、子供によってはどっぷりはまってしまう可能性もあります。

 

子供を静かにさせるという点で非常に便利なものですが、時間を決めて使用させるなどその使い方には注意が必要です。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

新潟市親族の結婚式でのママの服装

snow子供にも人気!スマホアプリ「スノー」 SNOW

関連記事

  1. 時間

    1年生1学期の時点では、時計はここまで読めれば大丈夫!

    時計読みは、幼稚園までは分からなくてもそのまま生活していけるため、親が意識的に読…

  2. ディズニー

    ディズニー「七夕」イベントの楽しみ方3選

    比較的新しいイベントである「七夕」イベント。皆さんこ…

  3. アプリ

    ママ友関係でトラブルを起こさないようにするコツ

    子供が幼稚園に入ると、多少なりとも出てくるママ友付き合い。…

  4. ママ友

    ママ友づきあいが苦手な人のための接し方のコツ

    学生時代から、そんなに沢山の友達とうまくやっていたわけではない。でも子供が幼稚園…

  5. 金魚

    金魚すくいのあとの金魚をちょっと「オシャレ」に飼う方法

    金魚すくいのあとの「金魚問題」子供って、金魚すくい好きですよね。&n…

  6. ポケモンGO

    ポケモンGOで子供が帰ってこなくなる・・・

    ポケモンGOとは今(2016/7/15)、現在日本ではまだポケモンGOで遊ぶ…

  7. 離乳食作り

    赤ちゃんの離乳食作りを楽にする裏技

    長い授乳生活が終わって、わが子もとうとう離乳食デビュー!…

  8. 出産後の体型戻し

    ママになったらこんな服装が便利!

    子供が生まれると、今まで普通に出来ていた服装が出来なくなったりすることがあります…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP