Pocket

赤ちゃんとテーマパーク

テーマパークは大人も子供も楽しめる魅力的な場所ですが、赤ちゃんにはやや負担の大きい場所ですよね。

 

もし連れていくのであれば完璧な準備で、快適に過ごせるようにサポートしてあげることが必要です。

 

今回は赤ちゃんといっしょにテーマパークに行くときの必需品をご紹介します。

 

寒暖差や日差しから赤ちゃんを守ろう

 

  • 寒い時

赤ちゃんの服をあったか素材にするのはもちろん、さらにブランケットを持っていくのがおすすめ。

使わない時はベビーカーの座席に敷いておけばかさばりません。

 

真冬の場合は、足首、手首、首元などが冷えやすいのでレッグウォーマーや手袋、帽子などを利用して冷気の侵入を防ぎます。

室内は空調によって暖かい場合も多いので、汗をかかないよう着脱が簡単な衣類で居る事も大事です。

 

  • 暑い時

水で湿らせると、気化熱で体温を下げてくれるバンダナがあります。

 

これを首に巻いてあげると、暑さを感じにくくなります。

ガーゼ素材の衣類も風通しが良く、汗を吸い取るので赤ちゃんは快適です。

 

暑くても、紫外線対策としてUVカット加工のされた薄手のブランケットを用意します。

 

体から離して(ベビーカーにかける感じ)覆ってあげると日光での肌荒れを防いでくれます。

 

こまめな水分補給もかかせないので、ベビー麦茶などのペットボトルは多めに持参しましょう。

 

レストランのご飯がまだ食べられない子には

 

  • ベビー用の市販食品を持参

離乳食のレトルトやレンジで作れるごはん、ベビー蒸しパンなどを持っていきましょう。

テーマパークは授乳室にレンジがあることが多いので、ここを利用します。

瓶入りのベビーフードも、若干重いですが便利です。

 

  • 普通のメニューの中でアレンジできるものを選ぶ

離乳食後期になれば、大人飯をアレンジするだけでOK。

ご飯と熱いスープがある場合は、雑炊のようにしてご飯を柔らかくして与えます。

茹で野菜などがある場合は細かくして入れると、栄養バランスも良いです。

 

パンの場合も、白い部分をちぎってコーンスープなどに浸すとおいしいパンがゆになります。

 

麺ものを食べるときは小分け皿によそい、お水で味を薄めます。

麺カッターで短く切って与えましょう。

 

ベビーカーをいかにレベルアップさせるかが大事

 

 

  • 荷物を下げられるフック

ベビーカーの押す部分にひっかけて使います。

フックにカバンをつりさげられるようになり、手荷物が減るので非常に楽です。

 

  • ブランケットを挟むクリップ

日よけや防寒のためのブランケットが、風で飛ばされないようにするクリップです。

 

ベビーカーの座席部分の両端につけて使います。

 

  • 照り返しを防ぐ反射シート

夏にベビーカー内の温度が異常に上がる事を防ぐための反射シートです。

 

椅子の裏につけることで赤ちゃんが熱気から守られます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

いつものおでかけよりも大荷物になりがちですが、赤ちゃんのためには色々持っていくのがおすすめです。ぜひ使ってみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で
Pocket

スポンサーリンク