ディズニーに行く時の前泊、後泊時のムダ時間を楽しく過ごす方法

 

新潟からディズニーリゾートに行こうと思うと、日帰りではタイト過ぎて難しかったりしますよね。

 

皆さん前の日からホテルに前泊したり、遊んだ日の夜に泊まって翌日帰ることが多いと思います。

 

そんな時に気になるのが空いた時間。

 

「舞浜に居るのに、今日は園には入らない・・・」そんな微妙な時間を、リゾート周辺施設で楽しく過ごす裏技を、今回はご紹介します。

 

園外にも男の子の気分が盛り上がる乗り物がある!

 

・ディズニーリゾートライン

 

ランドやシーで遊ぶ当日には、時間がもったいなくてできない話ですが、前泊&後泊で余った時間だと、これもひとつのアトラクションのように楽しめるんです。

舞浜駅からイクスピアリへ入ると、窓がミッキー型の「ディズニーリゾートライン」というモノレールの乗り場があります。

これは、ランドとシー、そしてオフィシャルホテル、イクスピアリの4か所をぐるぐる回っています。

一度切符を買うだけで、何周でも乗っていてOK!

先頭車両は運転席からの眺めが見え、ちびっこに大人気。

ミッキー型の窓からは、ランドやシーの園内を眺める事が出来ます。

電車大好きキッズにおすすめ。

 

・ディズニーホテルのシャトルバス

 

園を出ると、各関連ホテルへのシャトルバスが出ている乗り場があります。

そこで、アンバサダーホテル行きの乗り場に並んでみましょう。

レトロで可愛い、通称「ミッキーバス」がやってきます。

中に入るとアナウンスはミッキーの声。

ドアの形もつり革やシートにもミッキーづくし!!

10分ほどの走行ですが、園からホテルまでの道のりを楽しんではいかがでしょう?

その後、アンバサダーホテル内のショップで、混雑と無縁のお土産ショッピングも出来ますよ。

ここに売っている「ミッキーバスと同型のトミカ」を買ってあげるとダブルの思い出に。

 

イクスピアリの中でイチ押しの楽しいお店

 

アンバサダーホテルとイクスピアリという大型ショッピング施設は、実は繋がっています。

 

ホテル1階のレストラン街を抜けると、イクスピアリに入れるようになってます。

 

ここのオススメは、「レインフォレストカフェ」というレストラン。

 

中は巨大水槽や動く動物の仕掛けがあり、ジャングルのようです。

 

まさにレストラン版「ジャングルクルーズ」。子供が喜びますよ!

 

後は、イクスピアリ内の「ディズニーストア」でしょうか?

 

園内とはまた違ったラインナップのグッズばかりで楽しめます。

 

その他、時期ごとにホールでイベントを行っているので、記念撮影するのも良いですね。

 

おみやげはこういう時間にこそ買っとくと良い!

 

園に居る時は、遊ぶことに集中した方が効率が良いです。

 

おみやげ買いは、前泊時や帰る日の出発前に寄っていくのが賢い方法。

 

・ディズニーホテル内のショップ

先ほどもお話ししたアンバサダーホテルやディズニーランドホテル内のショップは、園内よりも空いているのでおススメ。

 

・ボンボヤージュ

舞浜駅からランドへ向かう道にあるショップ。

園内で売っているほとんどのお菓子を見つける事が出来ます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ちょっとしたスキマ時間も、せっかくだからディズニー一色にして楽しんでみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

ディズニー可愛いもの大好きな女の子を大満足させるディズニーランドの回り方

小学校の準備小学校の個別面談はこんな感じ

関連記事

  1. 家庭菜園

    家庭菜園を簡単に、ちょっと「オシャレ」に子供と楽…

    家庭菜園を子供と楽しむ子供で、野菜キライの子は多いの…

  2. 小学校入学

    新一年生にしてあげるべき防犯対策

    幼稚園までは、お母さんの送り迎えだったり送迎バスだったり…

  3. ディズニー

    ディズニー「七夕」イベントの楽しみ方3選

    比較的新しいイベントである「七夕」イベント。&n…

  4. 身長制限

    ディズニーの子供のアトラクション身長制限、いつか…

    ディズニーリゾートに行こうとした時、子連れファミリーが一…

  5. 結婚式

    親族の結婚式での子供の服装

    新郎新婦が主役ということを忘れずに結婚式にお呼ば…

  6. 幼稚園調べ

    お母さんから見て過ごしやすい幼稚園とは?

    幼稚園選びは、まず第一にお子さんの性格と、幼稚園の教育方…

  7. 小学校入学

    [最新]ランドセルの選び方「2017」

    年長さんの間にする大きな買い物といえば、ランドセルではな…

  8. 幼児教育

    幼児教育として家で出来ること

    幼児教育というと、とても固い印象や教育ママというようなネ…

PAGE TOP