可愛いもの大好きな女の子を大満足させるディズニーランドの回り方

 

幼稚園から小学校低学年の女の子を連れてファミリーでランドに行くなら、パークの雰囲気やショー、グリーティングを適度に挟みながら回ると満足度が高いでしょう。

 

お菓子屋さんやアクセサリーショップ、ショーを楽しみつつ、体が疲れすぎないルートで回っていきましょう。

 

絶対に押さえておきたいアトラクション

 

まず、15分以下で入れるアトラクションを紹介。

 

・「アリスのティーパーティー」…内装がとにかく可愛い。
お誕生月の子には、キャストに頼めば搭乗中お祝いの声かけが!

・「キャッスルカルーセル」…近くにポップコーン売り場があるので、親が並んでいる間に乗せてあげるなども得策。
・「イッツアスモールワールド」…体を休めつつ楽しめる良質なアトラク。

 

次は20~30分前後で入れるお手頃アトラクションです。

 

・「ミッキーのフィルハーマジック」・・・ディズニーキャラの好きな子なら外せません。
短めのディズニーアニメを大画面で見た!ような感動があります。

・「カントリーベアーシアター」・・・歌や音楽の好きな子に。クマちゃんが可愛い。

・「ミニーの家」・・・可愛いドレスを着てきたなら、インスタ映え必死のスポット。歩いて回るタイプのアトラク。

※曜日によって混み具合がかなり違うので、目安です。

 

お土産を買うのにオススメなショップ

 

テンションの上がる可愛いショップとレストランはこちらです。

 

・クイーンオブハートのバンケットホール・・・内装とスーベニアカップの可愛さはダントツ

 

・プレジャーオブキャンディーズ・・・パケ買い必死のかわいいお菓子が並ぶ

 

・ラ・プティート・パフュームリー・・・かわいいリップや入浴剤などがママまでも誘惑する

 

・ガラスの靴・・・名入りのガラスの靴や、アクセサリーが人気

 

効率のいい回り方はこちら!

 

  1. まず朝イチでミッキーに会いましょう。
    ミートミッキーまで行くのは遠く、待ち時間も長いのでエントランスのミッキーの列に並んでサクッと撮影してしまうのがオススメ。
    パパは別行動で「プーさん」などの人気アトラクションのファストパスを取得します。
  2. パパと合流、ファストパスの時間まで「アリスのティーパーティー」や「キャッスルカルーセル」に乗ります。
  3. 「プーさん」などファストパスを消化します。
  4. シンデレラ城前の「ガラスの靴」やファンタジーランドのお菓子屋「プレジャーオブキャンディーズ」をブラブラ。
  5. 歩き疲れたら「フィルハーマジック」などのシアター系へ。
  6. お昼ご飯は「クイーンオブハート」で。
    食事中に携帯を使い、ワンマンズドリームⅡというショーの夕方の回の抽選をする。
  7. 昼のパレードも時間が合えば遠くから楽しむ。
    ワンマンの抽選に外れた場合はアドベンチャーランドの「ラ・プティート・パフュームリー」での買い物や「カントリーベアーシアター」などのアトラクを楽しむ。
    もしくはトゥーンタウンにてミニーの家に行くのも良い。
    17時台か18時台いずれかのワンマンズドリームに当たった場合はショーを見に行く。
    当たらなかった場合はエレクトリカルパレードの席取りをして、夜のパレードを楽しむ。
    晩御飯はトゥモローランドかワールドバザールの軽食レストランを使うと時短に。
  8. 帰りに、ワールドバザールの「ハウスオブグリーティング」で可愛い文房具などをお土産にどうぞ。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

女の子中心に回るとこんな感じになると思います。

 

ディズニーではかわいいスポットがたくさんありますが、なかなか1日ですべて回るのは無理があります。

 

ぜひ、計画を立てて回ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

ディズニー乗り物大好きな男の子に喜ばれるディズニーランドの回り方

ディズニーディズニーに行く時の前泊、後泊時のムダ時間を楽しく過ごす方法

関連記事

  1. ディズニー

    ディズニーで、夏の水濡れイベントに最適な服装は?

    夏のディズニーの風物詩といえば水濡れイベントです。ラ…

  2. ザリガニ

    定番の「ザリガニ」取り、いる場所~飼い方まで

    いったいどんな生き物?今では「ザリガニ」と言えば、赤い体が特徴的な「アメリカ…

  3. 幼稚園調べ

    お母さんから見て過ごしやすい幼稚園とは?

    幼稚園選びは、まず第一にお子さんの性格と、幼稚園の教育方針の相性を見ますよね。…

  4. 幼児教育

    幼児教育として家で出来ること

    幼児教育というと、とても固い印象や教育ママというようなネガティブなイメージが先行…

  5. 保育園での服装

    幼稚園入園を見据えて、1歳台からやっておきたい事

    ほとんどの子が3歳~4歳の時期に初めて幼稚園に行く事になります。&nbs…

  6. アンフォロワー

    [無料アプリ]インスタグラムの管理に便利な無料アプリ

    最近スマホをXPERIAのSO-02EからXperia XZ Premium S…

  7. ディズニー

    ディズニー「七夕」イベントの楽しみ方3選

    比較的新しいイベントである「七夕」イベント。皆さんこ…

  8. ピノ

    【you tube】猫(Pino)のProfire #1

    Pinoが、うちにやってきて、はや1年半。1歳にして子育ても経験しました。この1年半…

PAGE TOP