ママになったらこんな服装が便利!

 

子供が生まれると、今まで普通に出来ていた服装が出来なくなったりすることがあります。

 

コンサバ系だったママも、カジュアル派に転向せざるを得なくなる傾向が・・・。

 

今回は子育てしていく上で一番便利な服装をご紹介し、おしゃれに見える小ワザも紹介します。

 

基本はパンツルック

 

子供が生まれると、数か月後には散歩がかかせない毎日がやってきます。

 

また、子供が大きくなれば公園で一緒に遊んだりと、体を動かす機会が多く、運動に適した服装でないと身動きがとれなくなっていきます。

 

そうすると、自然とパンツルックしかできないという状況に陥ります。

 

スカート好きのママには少し厳しいですが、この時期しかできないコーデを楽しんでしまいましょう。

 

  • ボーイフレンドデニムパンツ

非常に持っていると助かるのがボーイフレンドデニムです。

薄い水色のものを買うと、ほとんどの色のトップスと合うので色々なコーディネートに使えます。

また、ダボッとした履き心地なので、外でしゃがんだりする時に窮屈に感じにくいのがポイント。

裾を折り返して足首を見せ、スニーカーやアンクルブーツで仕上げると可愛いです。

シャツやパーカー等とも相性が良いです。

 

 

  • テーパードパンツ・ジョガーパンツ

産後の太ももを隠して、スタイル良く見せてくれる上に動きやすいのが魅力。

近年人気の形で、流行りも取り入れられます。きれいめに仕上げたいママにおすすめ。

くるぶしを見せ、フラットシューズなどをあわせると素敵です。

ブラウスなどと合わせるとフェミニンに見えます。

 

 

  • レギンス

どうしてもスカートが履きたい。

そんなママにはワンピースとレギンスの組み合わせがおすすめです。

足元はブーツやハイカットスニーカーなどボリュームのあるものがおすすめ。

甘辛コーデなどが好きな方は上にライダースなどが可愛いと思います。

 

  • 紫外線対策のできる服

外遊びの際に気を付けたいのが紫外線です。

・UVカットのカーディガン
薄手のカーディガンはどんなコーデにも取り入れやすく便利です。

 

・シャツ系
下がデニムなら、長袖のチェックシャツなどで防ぐと可愛くて実用的。

 

・帽子は必須
UVカット帽子にもテンガロンタイプ、女優帽タイプなど色々あるので自分のファッションに合ったものを1つは用意します。

 

  • 寒さ対策のできる服

冬場には、長時間の外遊びが体にこたえる場合もあります。
以下の方法を試してみて下さい。

・インナーを工夫
ヒートテック系インナーは必須です。上下揃えましょう。

 

・服の中に空気の層を作るとあったかい
空気の層を作れるのはずばりニットです。
ニットワンピなども女性らしくていいですね。

 

・アウターは風を通さないものを
ウールやフリースは風が通り抜けてしまいますが、ナイロン製なら風を遮断しやすいです。
ラインの美しいダウンコートなど持っていると重宝します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

動きやすさとおしゃれを両立するのもなかなか楽しいですね。

 

ぜひお試しになってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

子供の乾燥肌対策こどもの肌を保湿するのにおすすめなのはコレ!

新潟市スーパー買い物に行く時間の無い時の工夫

関連記事

  1. お年玉

    子供へのお年玉の相場はいくら?[年齢別]

    お正月のシーズンになると、子供たちには「お年玉」という嬉…

  2. フォトキーカード

    「フォトキーカード」システムのおすすめな利用法(…

    前回は「フォトキーカード」とは何ぞや?ということでご説明…

  3. 小学校の準備

    年長さん時代から始まる、小学校入学までの手引き

    子供が年長さんになると見えてくるのが、小学校入学。…

  4. 子供の乾燥肌対策

    幼稚園に通っていてもおむつが取れない場合

    幼稚園入園直前のころ、「うちの子全然おむつが取れてないから、本格的にトレーニ…

  5. 結婚式

    親族の結婚式での子供の服装

    新郎新婦が主役ということを忘れずに結婚式にお呼ば…

  6. 勉強

    話題の「うんこ漢字ドリル」を使って漢字力を上げる…

    昨年一大ブームとなった「うんこ漢字ドリル」。&n…

  7. ディズニー

    ディズニーランドで子供がキャラクターと触れ合うコ…

    ディズニーランドはファミリーで楽しむのにうってつけのテー…

  8. ママ友

    ママ友づきあいが苦手な人のための接し方のコツ

    学生時代から、そんなに沢山の友達とうまくやっていたわけで…

PAGE TOP