写真の記録形式は「JPEG」と「RAW」どちらで保存するべきか

私は断然「RAW」での記録が良いと思います。

 

特に写真初心者であれば、間違いなく「RAW」形式での保存をおすすめします。

 

JPEGとRAWの違い

 

なぜ、「写真初心者であれば、間違いなく「RAW」形式での保存をおすすめ」なのか、撮ってきた写真を後から写真加工しやすいからです。

 

構図や一瞬の「ナイスショット」を捉えた写真でも、カメラの設定がうまくいかなくて、暗い写真になってしまっていても、後からキレイな写真に加工することがしやすいです。

 

「JPEG」形式でも加工はできます。

 

しかし「JPEG」形式だと、加工するたびに、写真が「劣化」してしまいます。

 

この点をふまえるて、特に初心者にとっては「RAW」形式での保存をおすすめします。

 

ではなぜ「JPEG」と「RAW」の2つの記録方式があるのか

 

簡単に説明すると、「JPEG」は扱いやすく「RAW」は扱いにくい、ただJPEGはその後の加工は何度も繰り返すと、写真が劣化してしまうが、RAWであると自由が効く、どちらもメリットデメリットがある。

 

こんなところだと思います。

 

どうゆうことかと言うと、写真を撮ってその写真をSNSにアップしようと思ったら、JPEGならそのままアップできます。

 

しかし、RAWで記録してあると、現像という工程を経てJPEG等にしてからアップしなくてはなりません。

 

写真を撮ってそのままSNSにアップするならJPEGが断然楽なのですが、最近では写真にいろんな加工や調整をしてアップすることも少なくないと思います。

 

そのような時に、JPEGだと加工の度に写真が劣化してしまいます。

 

元の写真

raw

 

JPEGから加工、調整1回目

 

JPEG

 

そんなに劣化は見られません。

 

JPEGから加工、調整を重ねること3回

 

JPEG

 

元の写真のようになるように、いろいろ調整してみましたが、無理でした・・・

 

また、白とびなどホワイトバランスで調整しようにも、RAWであれば調整できても、JPEGだと調整することが難しかったりもします。

 

難しいと言うのは、RAWであると、データが大きいだけあって、白とびしているところの画像のがしっかり残っていたりするので、ホワイトバランスを整えてあげると、白とびがきれいに回復し、画像がよみがえったりたりしますが、JPEGだと、画像部分がしっかり復元されずにいろみだけの変化になってしまったりします。

 

ですので、写真の用途によってJPEGとRAWを使い分けるのも良いですが、後々写真をいじりたくなった時のことも考えてRAWで記録しておくことを、私はおすすめします。

 

ただ、RAWは先程も述べたように現像という工程を経なければいけませ。

 

専用の現像ソフトが必要になります。

 

私は、adobeのlightroomというソフトを使っています。

写真加工と言ったら、adobeのphotshopが有名ですが、そのadobeのソフトなのでとても使いやすいです。

 

しかも、有名なソフトなので自分が行いたい加工や調整の仕方など「ググ」ればすぐにやり方がでてきます。

 

これが、一番のメリットかもしれません。

 

あとRAWはデータの容量がJPEGよりも大きいです。

 

データ容量(サイズ)が大きいので、後にホワイトバランスなどの調整でうまく調整できたりするのですが・・・

 

このように、どちらもメリット、デメリットがあるので、最近のカメラではいろいろ記録形式が選べるようになっています。

 

私が使っているミラーレス一眼SONYのα6500では、画質(RAW、RAW+JPEG、X,FINE(JPEG)、FINE(JPEG)、STD(JPEG))がこれだけ選べます。

 

それに比べ、スマホのXPERIA SO-02EではJPEGでの記録のみです(たぶん)。

 

RAW+JPEGだと、RAWは後でいじる用、JPEGはすぐにスマホに転送してSNSにアップする用と、とても便利です。

 

しかし、容量が大きくなってしまいます。

 

しかも最近は画素数も大きくなっているので、ただでさえ容量(サイズ)が大きくなりがちです。

 

容量の大きなSDカードが必須になってきます。

私はこのSDカードを使っていますが、容量、スピード共に今のところ不便は感じていません。

 

猫のジャンプなんかも撮ったりするので、連射も結構使いますが、今のところ問題なしです。

 

4K動画も撮れたりするので、まだ撮ったことはありませんが・・・撮ったらSDカードこれで大丈夫かまたレビューします。

 

まとめ

 

JPEGとRAWどちらもそれぞれメリット、デメリットがあります。

 

JPEGのメリット

  • RAWに比べデータ容量が小さい
  • SNS等にすぐアップできる
  • JPEG対応が多く扱いやすい

JPEGのデメリット

  • 写真を加工するたびに劣化する

RAWのメリット

  • 写真の加工、調整がしやすい

RAWのデメリット

  • データ容量が大きい
  • 現像しなくてはいけない

こんなところだと思います。

 

自分の写真の用途に合わせて検討してみて下さい。

 

私は特に初心者の方にはRAWでの保存をおすすめします。

 

写真を撮るときに、細かな設定を気にすることなく撮っても、現像の工程で「感じた」通りの写真に仕上げられるからです。

 

JPEGや、RAWについて噛み砕いて書いたつもりですが、解かりにくかったら、カメラメーカーさんが詳しく説明しているページのリンクを貼っておくので、そちらで確認してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

インスタグラム[1000いいね]インスタグラムの楽しみ方※注意「裏技」ではありません

Xperia[Xperia]カメラ機能比較XperiaXZ Premium SO-04J

関連記事

  1. ゴミ

    新潟市で大掃除の時にまとまった「ゴミ」を出す方法…

    大掃除の時などに、まとまったゴミが出た時、どうすれば良い…

  2. ディズニー

    今だけ!カスタマイズできるお土産、ディズニーのチ…

    ディズニーランドのおみやげといえば、チョコクランチ!…

  3. スポット修正

    【解説】写真のゴミ(シミ)を消す方法

    Adobe Lightroom classicで、簡単に写真のゴミ(シミ)を…

  4. ディズニー

    ディズニーに行く時の前泊、後泊時のムダ時間を楽し…

    新潟からディズニーリゾートに行こうと思うと、日帰りではタ…

  5. 離乳食うどん

    レストランに行ったときにその場で作れる離乳食レシ…

    家族でレストランに行く時、赤ちゃんが居る家庭だといちいち「この子には何を…

  6. ディズニー

    可愛いもの大好きな女の子を大満足させるディズニー…

    幼稚園から小学校低学年の女の子を連れてファミリーでランド…

  7. キッズライン

    幼児が「はまる」動画「キッズライン♡Kids L…

    キッズライン♡Kids Line「こうくんねみちゃん…

  8. 小学校の準備

    小学校の個別面談はこんな感じ

    学校の先生と親が子供について話し合う機会。これはもしかし…

PAGE TOP