ミッキー

「ディズニーランドは夢の国だから、子供を連れて行ったら喜ぶだろうなあ・・・。」

 

そんな親心で良かれと思って連れて行ったのに、ミッキーに会ってみるとわが子号泣。

 

さらに、ミッキー達に会えるレストランを予約していったのに、怖がって見ようともしない。

 

パパママの努力は何だったのか・・・。

 

そういうエピソード、意外と聞きます。

 

でもせっかく連れて行くのだから、ミッキーに物怖じせず喜んでほしいですよね。

 

今回は、ミッキーを怖がらないようにさせるための、事前準備についてご説明します。

 

イラストで描いてあるミッキーしか知らないから怖い

 

おそらく小さい子の頭の中にあるミッキーは、イラストのミッキーであることが多いのではないでしょうか?

 

着ぐるみになったミッキーが出てきて「ほら、ミッキーだよ!」と言っても、自分の知っているものと同じとは思えないのでしょう。

 

なので対策としては、着ぐるみバージョンのミッキーの見た目に、事前に慣れさせておくのがおすすめ。

 

例えばガイドブックを1冊買ってみて、大人が情報収集をすると同時に子供にミッキーの写真を見せておく。

 

他にも、ディズニーリゾートのショーやパレードを紹介するDVDを借りてきて子供と一緒に見てみる。

 

DVDは音や演出が派手なので、子供も食いつきやすいと思います。

 

最後に手っ取り早い方法としては、YouTubeなどでも着ぐるみバージョンミッキーが写っている動画は沢山挙げられているので、それを見せてあげる。これは無料で出来る点がいいですよね。

 

サイズ感にびっくりしている場合も多い

 

子供にとって「ミッキーと会ってみたら大人サイズだった!」という衝撃はかなりのものだと思います。

 

絵本やビデオでは自分とミッキーの大きさを比べる機会はまずないですから、絵本で見るままのミニサイズか、ぬいぐるみ位の大きさとか、そのような認識の子が多いはずです。

 

サイズの認識を改めてあげるような声かけが有効だと思います。

 

たとえば動画を見せる時など、子供とミッキーがお話ししたりハグしたりしているものをチョイスすると、子供よりもずっと大きいんだ!というサイズ感が伝わりやすいですよね。

 

ここで「ほんとのミッキーってこんな大きいんだね!」「良い子良い子してくれる優しいミッキーだねー」などとポジティブな印象をつけてあげましょう。




地元でゆるキャラとかが居る機会があれば、進んで触れ合わせておく

 

そもそも着ぐるみが初めて、という場合は、もうミッキー云々ではなく「初めて見た生き物(物体?)だからこわい!」という心理なのかも。

 

あらかじめ地元でも会える「ゆるキャラ」などに会わせ、見慣れさせておくことも大事だと思います。

 

ショッピングモールのイベントなどでよく見かけますよね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

せっかくの旅行ですから、最初から最後までニコニコな子供の顔が見たいですよね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

スポンサーリンク