おもちゃの収納に役立つ100円ショップグッズ

 

こどもの成長とともに、どんどん我が家のスペースを圧迫してくるのがおもちゃ達です。

 

古いものから捨てていこうと思っても、こどもは捨てようとするほど、思い出したようにそちらでも遊びたがったりするので、なかなか子供部屋はスッキリしませんよね。

 

そこで考えるのが、ごちゃごちゃ見えないようにする収納方法です。

 

今回は低予算で子供部屋をスッキリさせられる100円ショップの収納グッズについてご紹介します。

 

蓋付きのプラスチック製収納ケース

 

ダイソーにある「スクエア収納ケース」という商品がとても役に立ちます。

 

大き目のA4サイズと、その半分の小さめサイズの2種類あり、蓋だけで100円、ケースの方は小さい方が100円、大きい方が200円で売っています。

 

カラー展開は、アイボリーとスモーキーブルー、ピンク、マスタードです。

 

すべて少し抑え目のおしゃれな色味で、見た目はシンプル。

 

どんなインテリアにも合い、スタッキングも可能で、とても100均商品とは思えないクオリティーです。

 

これをカラーボックスと組み合わせて使うと、大きなケースの方は縦に2つ分がぴったり収まります。

 

小さなケースの方は4つ収まります。

 

中に、バラになると収納しにくいトミカやレゴ、お人形の小物などを入れると非常に便利です。

 

ランドリーバスケットを使って収納

 

プラレールのレールや、鉄橋、マウンテンなどギミック付きのレイアウトはとてもかさばりますよね。

 

女の子のおもちゃでもドールハウスやぬいぐるみの類はサイズが大きく、しまい場所の確保が大変です。

 

そんな時には、ダイソーのランドリーバスケットを使いましょう。

 

40リットルのごみ袋もすっぽり入ってしまうほどの大きさで、見た目が非常におしゃれなものが500円で売っています。

 

名前は「ストレージボックス」というシリーズ。

 

麻布のようなアイボリーの色合いの布製で、骨組みとしてワイヤーが入った円柱状の収納アイテム。

 

デザインとして英字新聞調のアルファベットロゴが入っているので見た目もかなり素敵です。

 

からっぽの状態のものをひとつ常備しておき、急な来客時に床にちらばったおもちゃをポイポイ投げ入れてしまうのがオススメの収納方法です。

 

セリアの紙製BOX

 

カラーボックスにピッタリ入る紙製インナーボックスを利用すると、非常に安く、おしゃれに収納できます。

 

クラシックなもの、女の子らしい花柄、男前インテリア風のモノトーン、ベージュの木目調など、とにかくデザインが豊富なので、家の雰囲気に合わせて買えるのが魅力です。

 

値段もお安く、BOXひとつで100円なので大量に揃えやすいです。

 

クレヨンや絵の具、水さしなどお絵かき系、楽器系おもちゃ、アイロンビーズのバケツなど中くらいの大きさのものを一気に収納するのに向いています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

物が多くても、収納で見えなくしてしまうことでスッキリ感は全く違ってきます。

 

100円ショップの収納アイテムを駆使して、お安く解決してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

子供の歯子供の歯を虫歯にしないコツ

防寒グッズお手軽に「100均」で揃えられる子供用防寒グッズ

関連記事

  1. フォトキーカード

    「フォトキーカード」システムのおすすめな利用法(…

    今回はとうとう「フォトキーカード」活用法(応用編)になり…

  2. こども

    兄弟喧嘩をさせないための工夫[3つ]

    2~3歳差の兄弟がいて、兄弟喧嘩が起きないお家というのは…

  3. 運動会の場所取り

    並んで待つ!?小学校の運動会の席取り事情

    子供が小学生になって初めての運動会。…

  4. 新一年生

    新一年生が初めて受ける授業のレベルはこのくらい!…

    初めて小学校に入るお子様をお持ちのママは、小学校の授業が…

  5. 勉強

    小学校に入るまでに出来たらいいこと(勉強編)

    小学校に入ると、とうとう勉強が始まります。&nb…

  6. 小学校の準備

    年長さん時代から始まる、小学校入学までの手引き

    子供が年長さんになると見えてくるのが、小学校入学。…

  7. 給食

    1年生はじめての通知表ってどんな感じ?

    成績表はいつの時代ももらう時とても緊張するものですよね。…

  8. 子供のビタミン

    子供にビタミンを採らせる方法(食べ物編)

    子供に栄養バランスを考えた食事を毎日作るのはなかなか大変…

PAGE TOP