今だけ!カスタマイズできるお土産、ディズニーのチョコクランチをご紹介!

 

ディズニーランドのおみやげといえば、チョコクランチ!

 

あまりにも定番なので、食べたことのある方沢山いるのではないでしょうか。

 

じつはこのチョコクランチ、今だけ特別に中身もパッケージも自分でカスタマイズできる仕様になっています。

 

これは東京ディズニーランドが35周年である、2018年の4月から2019年の3月の一年間だけの特別仕様です。

 

どんな風にカスタマイズできるのか、さっそくご紹介していきます。

 

まずパッケージを選ぼう

 

パッケージは優しいクラシックなタッチでかかれたドナルド、デイジー、ヒューイ、デューイ、ルーイのイラストが描いてあります。どうやらこれらのメンバーがパティシエになってクランチを手作りしている・・・というイメージのイラストのよう。

 

缶の色がホワイトの上品な感じか、イエロー&ブラウンのチョコバナナっぽいポップな感じかの2択で選べます。

 

次にフタの色。青くていろんな色のクランチがあしらわれた鮮やかなもの、ゴールドでエンブレム風のデザインの高級っぽいもの、ホワイトに少しピンクの背景の混ざった清潔感のあるものの3択です。

 

次はリボンです。ピンクとブラウンとグリーンの3択です。既存のチョコクランチにはリボンはかけられていませんが、これは特別バージョンという事でおまけで結んでいただけます。(特に普通のバージョンから値上がりするわけでもないのでこれはお得ですね)




次は中身のフレーバーが選べる!

 

今回すごいのは、中身の味を自分で選んで詰められるというこの試みです。とても面白いですよね。

 

味がまたユニーク!!一番目を引く目玉フレーバーは、ヨーグルトとストロベリーショートケーキ!!ぜひ一度食べてみたいですよね。あとは依然期間限定で販売され人気だったものの復刻版であるキャラメルフレーバーも選べます。

 

あとはミルク、ストロベリー、ホワイトなどの定番商品と一緒に詰める感じです。

 

詰め方、価格、帰る場所について

 

まず売っている場所は、東京ディズニーランドのお菓子屋さん「ペイストリーパレス」。お菓子屋さんといえば入口付近にとてつもなく大きい「コンフェクショナリー」がありますが、こっちではなく、もう少しシンデレラ
城側に進んだところにある小さめのお菓子屋さんの方で作る事ができます。

 

お間違えのないようにして下さいね。

 

価格はひと缶で1,500円。いろいろカスタマイズできると聞くと割高なんじゃないかとビクビクしましたが、特に割高なことは無いようです。

 

詰め方は、店頭で容器を選んだあと、18個分のチョコクランチをその場で詰めます。

 

お菓子の詰め放題のお店のように、個包装になったバラのクランチが、種類別で並べてありますのでそこから缶に入れていきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

全種類をガバッとげっとしてもよし、自分流に数種類に絞って色味の可愛さで勝負するもよし。

 

とにかく楽しみながら作ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!

Twitter で

ディズニーミストファンは家に持って帰った後も使えるディズニーの魔法のおもちゃ

ディズニー娘に身に付けさせると最高に可愛い!ダッフィーシリーズのグッズ

関連記事

  1. ザリガニ

    定番の「ザリガニ」取り、いる場所~飼い方まで

    いったいどんな生き物?今では「ザリガニ」と言えば、赤…

  2. ディズニー

    ディズニーシーの三大高級レストランを徹底比較!

    みなさん、実はディズニーリゾートのレストランの価格帯は、…

  3. シェフミッキー

    最高の思い出…「シェフミッキー」をお得に堪能しつ…

    予約困難だけど、とても満足度の高い、楽しいレストランとし…

  4. LINEPOP

    飲食店の待ち時間「子供を静かにさせる」スマホゲー…

    お馴染みのキャラがかわいいツムツム引用元:LINE公式ホームページ…

  5. レジンクラフト

    自分だけのキーホルダー、バッジを作れるレジン遊び…

    お子さんが年長さん~小学校低学年位になるとかなり手先も器…

  6. 運動会の場所取り

    並んで待つ!?小学校の運動会の席取り事情

    子供が小学生になって初めての運動会。…

  7. ゴミ

    新潟市で大掃除の時にまとまった「ゴミ」を出す方法…

    大掃除の時などに、まとまったゴミが出た時、どうすれば良い…

  8. 小学校の準備

    小学校の個別面談はこんな感じ

    学校の先生と親が子供について話し合う機会。これはもしかし…

PAGE TOP